水泳の授業に向けてムダ毛処理で肌が弱い場合どうすればいい?

水泳の授業に向けてムダ毛処理をしないと、回りの友達にからかわれる。
でも、肌が弱いからどうすればいいか分からないという方も多いようです。

ここでは、肌に優しいムダ毛の処理方法を紹介します。
肌に優しいとは、肌に与えるダメージを極力小さくすることです。

カミソリは角質層まで剃ってしまう危険性があります。
すると、肌バリア機能がなくなり、色素沈着や肌荒れなどを引き起こします。
なので、カミソリはアウト。

脱毛テープも角質層まで剥がしてしまうので、同様の理由でアウト。

毛抜きは、そもそも痛いです。
ですので、肌が弱い方は抜くだけで赤くなる場合もあります。
毛穴が開いてしまい、そこにゴミなどが沈着することで色素沈着や肌荒れなどが引き起こし易くなります。
ということで、毛抜きもアウトです。

おすすめは、電動シェーバーでムダ毛を処理するということ。

電動シェーバーならば、産毛まで剃ることはできませんが、肌自体を傷つける心配もなく、肌表面の毛を綺麗に剃れます。
小・中学生や肌が弱い方は、電動シェーバーが安全でオススメです。

電動シェーバーは衛生面が大切。
足に使ったものを顔に使ったりすると、肌荒れする場合があります。
使い分けをするか、衛生的な管理を心がけてください。
その後のアフターケア(化粧水&乳液)はきちんとしてくださいね。

抑毛ジェルやローションなども肌に優しいタイプであればオススメ。
ただしこれらの方法の場合、効果が表れるのに時間がかかるので注意してください。