女子水泳部の人ってムダ毛処理はどうしてる?

女子水泳部の人は、ムダ毛の処理はどうしているのでしょうか?

ムダ毛を処理していると答えている方が圧倒的に多いです。
水着で隠れない部分は、シェーバーを使って剃ったりジェルで毛を薄くするという方法をとっているようです。

カミソリも使い方を正しく使えれば手軽なので便利です。
ただ、毎日は行っていません。

普段の練習では、軽く浅く剃る程度。(露出部分だけ軽く剃っている。)
剃りすぎて赤くなったら、恥ずかしいですからね。
大会前日は、徹底的に剃っています。
試合用水着にあわせて露出部分は丁寧にやっています。
剃ることでタイムも全然変わってきますから。
男子ほどではないですが、女子も毛による水の抵抗は少なからずありますよ。

剃ることより大切なのは、その後のケア。
きちんと、保湿を行わないとすぐに肌が赤くなってしまいます。
ただでさえ、プールの塩分で肌にはきついですから。
塩素を抜くスプレーをシュッと振り掛けておくと、剃ったあとは、きちんと保湿&乳液で肌を整えてください。

大人ならば永久脱毛という手もあり。
水泳を続けていく必要があるならば、永久脱毛がオススメ。
また、水着が限定されていなければ、ハイカット水着を避けて全身の水着を着用するという方法もありです。

水泳の授業に向けてムダ毛処理で肌が弱い場合どうすればいい?

水泳の授業に向けてムダ毛処理をしないと、回りの友達にからかわれる。
でも、肌が弱いからどうすればいいか分からないという方も多いようです。

ここでは、肌に優しいムダ毛の処理方法を紹介します。
肌に優しいとは、肌に与えるダメージを極力小さくすることです。

カミソリは角質層まで剃ってしまう危険性があります。
すると、肌バリア機能がなくなり、色素沈着や肌荒れなどを引き起こします。
なので、カミソリはアウト。

脱毛テープも角質層まで剥がしてしまうので、同様の理由でアウト。

毛抜きは、そもそも痛いです。
ですので、肌が弱い方は抜くだけで赤くなる場合もあります。
毛穴が開いてしまい、そこにゴミなどが沈着することで色素沈着や肌荒れなどが引き起こし易くなります。
ということで、毛抜きもアウトです。

おすすめは、電動シェーバーでムダ毛を処理するということ。

電動シェーバーならば、産毛まで剃ることはできませんが、肌自体を傷つける心配もなく、肌表面の毛を綺麗に剃れます。
小・中学生や肌が弱い方は、電動シェーバーが安全でオススメです。

電動シェーバーは衛生面が大切。
足に使ったものを顔に使ったりすると、肌荒れする場合があります。
使い分けをするか、衛生的な管理を心がけてください。
その後のアフターケア(化粧水&乳液)はきちんとしてくださいね。

抑毛ジェルやローションなども肌に優しいタイプであればオススメ。
ただしこれらの方法の場合、効果が表れるのに時間がかかるので注意してください。

水泳をやってる女子中学生は毎日ムダ毛処理してる?

水泳をやってる女子中学生の方は、ムダ毛の処理はどのようにしているのでしょうか?
毎日ムダ毛の処理をするという方はほとんどないのではないでしょうか?

そもそも、ムダ毛の生える周期は1日2日で伸びてくる訳では有りません。
ですので、伸びきったと思った頃に処理するようにした方がいいです。

毎日処理をしていると、肌に相当負担がかかります。
毛が薄い状態で処理すると、誤って肌まで傷つける恐れもあります。

すると、肌に雑菌やゴミが入ったり、傷で赤みがついて余計に気になるようになります。
毛穴や色素沈着も起こし易くなってしまうので毎日行うのは避けてください。
一般的には、2週間に1~2回程度だと言われています。

ムダ毛もきちんと処理するためには、毛をふやかして剃ると効果的。
お風呂場で行ったり、蒸しタオルをのせてふやかして剃るようにしてください。

そして、クリームを塗ってシェーバーで剃るというのが簡単なやり方です。
ただ、処理後は肌が弱っているため、化粧水&乳液などのスキンケアを必ず行ってください。
カミソリは使い方が難しいのであまりオススメできません。

ムダ毛を遅らせるためには、イソフラボンが効果的だと言われています。
大豆製品に多く含まれているので、意識的に摂ってみると効果があるかもしれません。

水泳のためにムダ毛処理したけど処理してからどれくらいで生えてくる?

ムダ毛が生えてくる周期は、毛の周期に関係があります。
毛が生える→成長して抜け落ちる→再び毛が生える
というサイクルを繰り返しているのです。

また、毛の周期は体の部位によっても変わってきます。

たとえば、
わきの下:1日に0.3mm程度伸びるが、一度抜くと生え変わるのに時間がかかるので、一度処理すればすぐには生えてこない。
(4~5ヶ月の間は伸び続け、その後は休止期に入る。)

反対に、
ビキニライン:1~2年程度は成長期があり、その後1~2年程度の休止期がある。

成長期の間は常に処理をしておかないと伸びてきてしまうので、ビキニラインの場合、継続的なムダ毛ケアが必要となってきます。
また、膝下や脚は4~5ヶ月程度の成長期のためその間はケアをしておけば、残りの4~5ヶ月は休止期になります。

このように、体の部位によって毛の周期は違ってきます。
でも実際、4~5ヶ月も経たないうちに、一度処理したのに何ですぐに生えてきますよね。
これは、毛は一本一本に周期があるからです。

「Aの毛は抜いたばかりだけど、Bの毛はもう抜いてから2ヶ月近くたっているので、そろそろ出てくる。」
といった感じです。
一本一本の周期は異なってくるので、剃っても剃ってもすぐに生えてくるのです。

また、個人個人の体質によっても変わって来ます。
遺伝や環境によって、毛のサイクルが早かったり遅かったりする場合もあります。
それでもきちんとサイクルはありますので、自分なりに毛のサイクルをつかんでください。

水泳があるためムダ毛処理したらカミソリ負け...どうすればいい?

ムダ毛の処理をするために、カミソリを使用している方も多いです。
その理由は、自宅で簡単に短時間でできるというのが大きな理由です。

ただ、カミソリは正しく使わないとカミソリ負けをしてしまいます。
カミソリ負けをしてしまったら、肌が赤くなってポツポツが・・・。
放っておくと雑菌が入り込んで色素沈着や肌荒れを引き起こします。

そんな時は、普段使っている化粧水や乳液で「保湿」を重点的にしてあげましょう。
保湿をきちんとしてあげることで肌のバリア機能が復活します。

また、出血や炎症を起こしている場合はオロナインで止血してください。
オロナインは止血&炎症を抑える効果があるので肌荒れ予防にもなります。

また、肌のターンオーバーを回復させるために、しばらくムダ毛処理を行わないということも大切です。
気にならない部分でしたら、少し時間を空けてからケアを行うようにしてください。

カミソリ負けをしないためには、使わないことが一番。
電動シェーバーで代用したり、ローションを使用して毛を薄くするという方法も効果的です。

カミソリを使う場合は、注意が必要です。
・カミソリの刃はマメに新しいものにする
・剃る部分を清潔にして毛を温めてからクリームをつけて処理する
・深剃りや逆剃りはしない
・処理後はきちんと保湿ケアをする
・肌が荒れているような時は控える
・体の調子がよくない時は控える
といったことが大切になってきます。

水泳の授業で男子にムダ毛を見られたくない...脱色したら目立たなくなる?

ムダ毛を処理する方法の一つに脱色という方法があります。

脱色は、日本人にはオススメできません。
外人ならば体毛も金色なので脱色しても目立ちません。
ただ、日本人は黒色なので脱色するとその部分だけ変に目立ちます。

毛が生えてくる部分だけ黒色ではないのです。
これは、かえって全体の肌の印象を悪くする恐れがあるのです。
ですから、日本人が脱色するのはオススメできません。

また、脱色というのは、体毛の主成分であるタンパク質を分解して色が抜けるというもの。
これは、誤って皮膚のタンパク質までも溶かしてしまう恐れがあるのです。

皮膚のタンパク質を溶かすと、肌の潤い機能がなくなります。
すると、肌が乾燥しやすくなり肌荒れや炎症を引き起こし易くなるのです。
特に肌が弱い方は、肌荒れを起こし易いのでオススメできません。

脱色剤は全くダメだとはいいません。
脱色剤のメリットは、
・毛抜きなどの方法による痛みを伴わない
・濃くはないけどちょっと目立つスネ毛程度の場所には効果的
というもの。

ムダ毛が多い場所に脱色は禁物ですので注意してください。
脱色は肌への刺激が強いので、パッチテストをしてから試すことをオススメします。

男子の場合、水泳をする時にムダ毛はどこまで処理すればいい?

男子の場合、水泳をする時にムダ毛はどうすればいいのでしょうか?

全く剃らないと毛が水の抵抗を受けるため、水泳選手はきちんと処理しています。
わき毛はもちろんのこと、体中の毛を試合前日に処理している方も多いです。

一般に泳がれる場合は、無駄毛の先端だけをはさみで切ると普通の感じになって気にならなくなりますよ。

ムダ毛の処理が面倒だという方は、全身を覆うタイプの水着を着れば問題ありません。
今は水着の種類も多いので探せば見つかるはずです。

また、肌が白い方は少し焼くことでムダ毛が気にならなくなると言われています。

膝上から膝下までを剃れば、他人の目は気にならないのではないでしょうか?
また、脇毛・胸毛・すね毛・乳輪の毛・鼻毛・顔全体の濃すぎる産毛は処理しておいた方がいいでしょう。

濃いと嫌われると思う方もいるかもしれません。
しかし、女性にとっては濃い・薄いというより、毛が綺麗に整っているかが問題なのです。
ちょっと長すぎる毛が目に入ったりすると、清潔感がないなと思っちゃうんです。

1か月に1回のボディグルーミング(体毛ケア)を行って体毛ケアすると、清潔感があって印象ばっちりですよ。

陰毛やすね毛やわき毛は処理しすぎる、男性らしさが欠けると言われています。
自然に生えている程度に処理するだけでOKです。
パートナーがいる場合は、それとなく聞いてみるといいかもしれませんね。